■レプロナイザーの使い方

 

  • 髪を乾かす

    髪の根元までレプロナイザーの風が行き渡るように髪の中に指を通して乾かします。

  • 「髪の美容機器」として

    乾いた髪に使用します。根元が立ち上がりにくい、髪割れしやすい、ハリやコシが欲しい部分にはレプロナイザーの風を頭皮にしっかり当ててください。 髪の流れに沿って冷風と温風を繰り返し当てると美しい仕上がりになります。

  • 気になる部分に集中密度のせ

    パサつきやすい毛先、うねり、広がる部分にはさらに温風と冷風を繰り返し当ててください。 乾いた髪に温風と冷風を繰り返し当てつづける(密度のせ)ことがコツです。

 

■Bioprogramming 美の方程式

P(美の力)を大きくする方法

 

  • D(密度)の値を大きくする。

    バイオプログラミングレベルが高ければ高いほど密度が高まります。 バイオプログラミング製品を重ねて使用すると密度は高まります。(密度乗せ)

  • T(時間)を長くする。

    使用する時間を長くすればするほど量子の密度に時間が加算されてP値が大きくなります。

 

※ ユニバーサルボルテージ機能を搭載し全世界対応

REPRONIZER 7D Plus

¥79,200価格
  • 電源             AC100~240V  50/60Hz

    消費電力     1,200W(AC100V)

    温風温度    約100°C(周囲温度25°Cの場合)

    サイズ         高さ253.5×幅247×奥行72.1mm(ノズルを除く)

    質量              約758g(ノズルを除く)

    安全装置     温度過昇防止装置(サーモスタット・温度ヒューズ)

    電源コード 2.6m